欧米ではコミュニケーションの方法として
あたりまえのように パーティを開き、
あたりまえのように ダンスに誘います。

ビジネスの国際化が進み、欧米のビジネススタイルを取り入れなければならない状況が増えています。欧米では職場や家庭でも頻繁にパーティが開かれます。
コミュニケーションを円滑にするためのパーティ、そこではダンスが当たり前のように楽しまれています。

コミュニケーションのひとつとして、なぜ欧米ではパーティがこれほどに大きな割り合いを占めるのでしょうか。
パーティで踊られるダンスは競技系ダンスではなく、ダンスをしながら会話を交わす事ができるパーティダンスです。
招いた人達、招かれた人達、あるいは約束しあって集まった人達は互いに敬意と友情を深め合い、これからの 発展を願って
信頼関係を築いてゆくのです。



アメリカの教育の一環として行われる“プロム”。
公的マナーへの強いこだわり。


プロムというダンスパーティは、20世紀初頭に公的な場での社会的マナーを学生に教えるために始められました。正装した学生たちが、習ってきたマナーをしっかり身につけているかどうかを試す行事です。

ハイスクール春学期や卒業式に行われる“プロム”は、アメリカやカナダの高校生にとって、高校生活の中でもっとも大きなイベントです。
通常プロムは学校の体育館で教師や保護者が見守る中行われていましたが、20世紀末までには、学生によって運営される学校行事として大きく発展し、ホテルのダンスフロアやカントリークラブで開かれるようになりました。



昔からの伝統で、男子学生が女子学生をプロムに誘うことになっています。映画やテレビドラマでもおなじみですが、高校生はみな、自分が誘われるかどうか、誘ってもいい返事がもらえるかどうか、悩んだり胸をときめかせたりするのです。
ダンス会場へは、学生は親の車や自分で調達した車で行ったり、カップルが何組か一緒にリムジンを借りて向かいます。



このように欧米ではダンスは、社会生活において非常に重要なファクターであり、求められるコミュニケーション手段なのです。
覚えるのに5年も10年もかかる競技系ダンスを社交ダンスと思い込んでいる日本にとって、大変うらやましい環境ではあります。



マナーを大切に、心を通わせて楽しく踊る。
それが本来の社交ダンス、パーティダンスです。


何年か前、ノーベル賞受賞式でダンスができないという理由から祝賀パーティを辞退された方がおられました。輝かしい功績を褒め称えられる場から敢えて遠ざからずを得なかったことは、国際人としてとても残念な出来事でした。
本来の社交ダンスは、男性のリードで女性がフォローする、映画のワンシーンのように楽しいものです。相手を思いやる心・マナーを大切にした、簡単に誰とでも踊れる、怖じ気づく必要のないソーシャルリズムダンス。それがパーティダンスです。


 



国際化ビジネスの場面では、今や国際共通語としてビジネス会話と共にパーティダンスは必須です。ビジネスチャンスを逃さないためにも、“マナーとしての”パーティダンスを始めましょう。
『ちえのメレンゲの会・ミニパーティ』では本来の誰とでも踊れる社交ダンス・パーティダンスのミニパーティを、日本一のダンスホール「東宝ダンスホール」で定期的に開催しています。


ダンスが初めての方には、
まずリズムの取り方からお教えいたします。

『メレンゲの会』ではダンスを全く経験したことのない方を対象に、リズムに合わせ身体を左右に揺らしながら自然にスイングをすることに慣れていただき、誰でも簡単に踊れるリズムダンス(ワンステップダンス)でダンスを始めたその日から楽しく踊れるようにお教えしています。
まさしく、アメリカの青春映画の卒業パーティのダンスシーンで見られるソーシャルリズムダンス。お互いを思いやる優しくお洒落なパーティダンスです。






4 3 2
   7月のミニパーティはありません。
   
     
    フライデーナイト・サークルレッスン及び7月20日のダンスイベントに奮ってご参加ください。
  1

  ■アクセスマップ
  詳細は「東宝ダンスホール・アクセス」へ